So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ゴルフクラブのフェースは開いて閉じる [初心者:基本編]

「ボールを真っ直ぐ飛ばしたいと思うのがアマチュア、
ボールを曲げて打つのがプロ」と先生から教わった事が
あります。

特に初心者の方はまっすぐ打ちたいと言う気持ちから、
自然とフェースを突き出すような打ち方をします。大袈
裟に表現すると右に押し出すような振り方です。

その結果、思いっきり右に飛びます。さらにまっすぐ打
とうとするとまたさらに右に飛びます。
スポンサーリンク








手のひらをクラブヘッドに見立ててスイングしてみると、
手のひらは、振り上げる時に開いてフォロースルーの時
に閉じます。卓球やテニスをした事がある人はわかるか
もしれませんが、ボールを打つ瞬間ラケットのフェース
が打ちたい方向に向いているから、その方向に飛んで行
くわけです。

不思議なことに、ゴルフの場合も全く同じ理屈から
ボールを打つ瞬間、クラブフェースがどこを向いている
かでボールの飛ぶ方向が決まりますが、まっすぐ打とう
として右に押し出してしまうため、フェースが閉じずに
打ちたい方向に対して開いたままボールに当たります。

ではどうしたら良いか?なのですが、フェースを閉じる
ことを意識するとひっかけたり逆にテークバックがしっ
かり回せなくなって、右に曲げやすくなるため、

・腕の力を抜く(あえて距離を求めようとしない)
・打つ前に、素振りの際に、テークバックで「開いて」、
フォローの時に「閉じる」と確認する。

腕の力を抜くことは、基本中の基本なのですが、右に飛
びがちのときは力んでいることが多いので、まずは腕の
力を抜くことが大事です。左手の小指だけで握るように
しましょう。

打つ間の準備として、思い切ってフェースを開いてみる。
フォロースルーの時にフェースを思い切り閉じてみる。
一度この確認ん行った後に、軽く素振りをしてみると、
いい感じにスイング軌道のイメージができるのでやって
みる価値があると思います。

憧れの名門コースでプレーする夢を叶えます
【スポニチゴルファーズ倶楽部(SGC)】
ただいま入会キャンペーン実施中!

0.gif?a8mat=2NVB5U+DXB6B6+2Z4O+HZXM9" alt="">





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました